どこにも問題のない健康な体にみられる

肌の奥で生まれた肌細胞はじわじわと時間をかけてお肌の表層へと移動し、結果的に肌表面の角質となって、約28日経てば剥がれ落ちます。このサイクルこそがターンオーバーなのです。

メイクのメリット:自分自身の顔が少しだけ好きになれる。顔に無数にあるニキビ・黄ぐすみ・毛穴・ソバカス・傷跡を隠すことができる。徐々に綺麗になっていくという新鮮味。

日本において、肌が白くて淀んだくすみや大きなシミが無い素肌を良しとする感覚が以前から存在しており、「色の白いは七難隠す」という諺もある。

化粧の利点:外観がきれいになる。化粧もたしなみのひとつ。本当の年齢より大人っぽく見せたいという願望を叶えられる(10代から20代前半に限った話)。自分の印象をその日の気分でチェンジすることができる。

思春期は終わっているのに発症する、治りにくい“大人ニキビ”の症例が多くなっているようだ。10年以上こうした大人のニキビに苦しまされている患者さんが皮膚科に救いを求める。

多くの女性たちが「デトックス」にのめりこんでしまう理由として考えられるのは、私たちが暮らす環境が悪化していることにある。大気や土壌は汚染され、食材には化学肥料や害虫予防の農薬がたっぷりかかっていると噂されているのだから無理もない。

細胞が分裂する活動を活性化して、皮ふを再生させる成長ホルモンは日中の仕事や勉強などの活動中は分泌されなくて、夜になってから身体を休めくつろいだ状態で分泌され始めます。

下半身は心臓から離れた位置にあるため、重力の関わりでリンパ液の移動が悪化することが通常だ。むしろ下半身に起こるむくみは、リンパ液がやや停滞していますよというしるしに過ぎないのである。

辛い掻痒などが出るアトピー性皮膚炎の原因には、1.口腔内や肺、腸内や表皮等の細菌叢(フローラ=Flora)、2.遺伝的素因、3.食物の栄養要因、4.環境面での要因、5.1~4以外の要素の考え方が挙げられる。

健康食品などで知られるヒアルロン酸は人間の細胞間にたくさんあって、水分を蓄えたり衝撃を和らげる緩衝材の機能によって細胞を保護していますが、歳を取るに従い体内のヒアルロン酸は徐々に少なくなります。

美白(びはく)という考え方は90年代後半に美容研究家の鈴木その子が一押ししてブームになったのは記憶に新しいが、もっと昔からメラニン色素の沈着による黒ずみ対策に対して用いられていた。

目の下の弛みの解消・改善策で効果が高いのは、ずばり顔面のストレッチ体操です。顔にある筋肉は気付かない間に硬直していたり、その時の感情に関係している場合があります。

このコラーゲンというものは、一年中降り注ぐ紫外線に直接当たってしまったり化粧品による刺激を与えられてしまったり、人間関係などのストレスが溜まったりすることで、傷つき、終いには作ることが困難になっていくのです。

デトックスというものは、人間の身体の中に蓄積された毒を除去するという新しい概念の健康法で誰にでも行える代替医療に区別されている。「detoxification(解毒)」の短縮形であり、本来は肝機能にまつわる言葉である。

どこにも問題のない健康な体にみられるむくみだが、これは当然のこと。特に女性は、脚の脹脛のむくみを防ぎたがるが、人間なら、下半身のむくみ自体はいたって一般的な状態なので気にしなくても良いのである。

美容外科の施術を行うことに対して、恥ずかしいという感覚を持ってしまう人も多いようなので、患者さんの名誉と個人情報を冒さないような工夫が特に必要とされている。

押し返してくるのが弾むような肌のハリ。これを左右しているのは、サプリメントでおなじみのコラーゲン、つまりは蛋白質です。バネの役目をするコラーゲンが充分にお肌を支えていれば、お肌はたるみとは無縁でいられるわけです。

医学界全体がQOL(生活の質)を大切に捉える傾向にあり、経済の発展と医療市場の急速な拡充により、外見を自分好みに変化させられる美容外科(Cosmetic Surgery)はここ最近注目を集めている医療分野だ。

健康的で美しい歯をキープするためには、歯を一つ一つ丁寧にブラッシングすることを心がけましょう。キメの細かい泡と毛先の口当たりが優しいブラシを用いて、ゆったりお手入れをすることが理想です。

健康な体にも起こるむくみだが、これは当然のこと。なぜか女の人は、夕方の脹脛のむくみを防ごうとするようだが、人ならば、下半身が浮腫むのはいたってまっとうな状態なので気にし過ぎない方が良い。

お肌の若々しさをキープする新陳代謝、つまりお肌が生まれ変わることができる時間帯というのは意外な事に限定されていて、夜に睡眠を取る時だけなのだそうです。

細胞分裂を活性化させ、皮膚を再生させる成長ホルモンは明るい時間の活動している際には分泌されなくて、日が落ちてからゆったり体を休め落ち着いた状態で分泌されるからです。

審美歯科(aesthetic dentistry)とは、美しさに主眼を置いたトータルな歯科医療のこと。歯の持つ働きには咀嚼などの機能的な一面と、清潔感を与えるなどの審美的な側面があり、双方健康に関わる非常に大切な要素であることは周知の事実だ。

「デトックス」術には危険性やトラブルは無いのだろうか。第一、体内に蓄積してしまう毒物とはどんな物質で、その毒物とやらは果たして「デトックス」によって体外へ流せるのだろうか?

審美歯科は、美に主軸を据えた総合的な歯科医療分野のひとつ。歯の働きには物を噛み潰すなど機能的な側面と、表情を明るくみせるなど審美的な側面があり、両方とも健康という観点では非常に大事な要素だと考えている。

ホワイトニングというのは、メラニン沈着が少ない、ワンランク上の白い肌を重要視した美容の価値観、或いはこのような状態の皮ふのことだ。主に顔面の皮膚について使われる。

内臓が元気か否かを数値化することができる優秀な機械があります。『ノイロメーター』という医療機器で、人間の自律神経の様子をデータ化することで、内臓の具合を知ろうという応用範囲の広いものです。

アトピーは「限定されていない場所」という意味のギリシャ語の「アトポス」に由来しており、「何かしらの遺伝的な素因を保有した人に診られる即時型のアレルギー反応に基づいた病気」の事を指して名前が付けられたと言われている。

デトックス法というのは、専用のサプリメントの利用及び岩盤浴などで、そうした人体の有害な物をできるだけ排出してしまおうとする技術のひとつの事を言うのだ。

ドライスキンとは、お肌の角質の細胞間脂質と皮脂の量が通常のレベルよりも縮小することで、皮膚から潤いが失われ、肌がカサカサになる状態を指しています。

もっと詳しく調べたい方はこちら⇒プラセントレックスも危険と書かれる